コービーブライアント

NBAポスターコラム

NBAポスターコラム546:「レイカーズは優勝を義務づけられ、優勝以外は失敗とみなされるチームだ。」byコービー・ブライアント

546-LA・レイカーズその後、こう続いた。「にもかかわらずこの結果とは、、、悔しいし、情けない」。その頃のコービー率いるレイカーズのメンバー。27勝55敗、勝率32.9%。レギュラーシーズンの55敗はチーム創設以来最悪だった。「俺はこれま...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム544:「誤算続きの大本命」、そう呼ばれていた2014年アメリカ代表。

544-teamUSA2014しかし今振り返ると、この時から現代バスケへの変革が始まっていたように思える。コービーやレブロン、メロにCP3の不在。デュラントとポール・ジョージの離脱。その結果、強力なガード陣に対して、ベテランとフロントコート...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム542:「シュートする時は、その瞬間にそのシュートのことだけについて考える。 大事なのはそれだけだ」byコービー・ブライアント

542-コービー・ブライアント「それは全てジャンプシュートを不思議に思っているから」だと言う。面白いのは数え切れないほどシュートを決めているのに、「不思議な気持ちになる」と認めていることだ。コービーは教会や博物館、プラネタリウムによく行き、...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム534:「あなたの全盛期にいると仮定して、全盛期の相手選手とマッチアップできるとしたらどの選手ですか?」

534-コービー・ブライアント「1991年のマイケル(ジョーダン)だ。間違いない。フィジカル面、メンタル面ともにベストな対戦相手だと思う」。両者とも類稀な得点能力と勝負強さ、そしてメンタリティの強さを兼備し、長年リーグのトップアイコンとして...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム520:「パスするのは好きだ。でも重要な場面が来たら、ボールをもらいたがることは疑いはないよ」。byコービー・ブライアント

520-コービー・ブライアント意外と珍しいポスター。コービーのプレー中のポスターでパスを出す瞬間のものは初めてだ。印象ではダンクとジャンプシュートとドライブとまんべんなく。・NBAポスター絵画展がコチラ↓NBAポスターギャラリー(funct...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム515:背番号が8番の時代からすでに自信が、そして闘志が漲るコービー・ブライアント。

515-コービー・ブライアント「優勝すると思っているよ。だから優勝は手の届かない究極目標ってわけじゃない。最大の目標はキャリアの最後に優れた人間へと成長すること。全てのゲームは僕の先生なんだよ。」そんなコービーにとって初優勝となるペイサーズ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム511:バスケットにおけるシュートの基本はジャンプシュート。

511-ジャンプシュートぺリメーターが主戦場となる選手が消えつつあるが、ミドルレンジからのシュートがなくなるわけではない。とかくプレーオフに関して言えば、3Pともちろんペイントエリアのディフェンスの強度が上がる。 「プレーオフではミドルレン...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム505:あの事故でコービー・ブライアントが私の中で神格化した。

505-コービー・ブライアントコービーにとってこの試合は、勝てばマジック・ジョンソンの持つ優勝5度のチーム記録に並び、負ければ「セルティックスに勝てない男」のレッテルを貼られる瀬戸際の戦いだった。また、この頃はレブロンの勢いが凄まじく、リー...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム504:コービーがファイナルMVPを獲得した10年以来、そしてセルティックスと並ぶ史上最多タイの17度目のリーグ制覇を成し遂げた。

504-2019-20シーズンチャンピオン レイカーズ全員が気力も体力も出し尽くして迎えた第6戦は、106-93でレイカーズが勝利。激闘を終えた後、 レブロンはコービーとの別れに打ちひしがれそうになった中でも、偉大なレジェンドのためにという...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム495:「会計士になっても毎日スポットライトを浴びるわけじゃない」byコービー・ブライアント。

495-コービー・ブライアントローワーメリオン高校の3年生時には、平均30.8得点、12.0リバウンド、6.5アシスト、4.0スティール、3.8ブロックという驚異的な数字をマーク。母校をペンシルバニア州の4Aクラス優勝に導き多くのメディアか...
スポンサーリンク