NBAポスターコラム

NBAポスターコラム NBAポスターコラム
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム549:大会MVPにも選ばれたアービングはこのとき22歳。勝負強さを評価され、大一番で真価を発揮した男が見据えた未来。

549-カイリー・アービング平均アシストと出場時間はチーム1位。得点は試合によって波はあったが、決勝では6本の3Pを全て沈める活躍で26点を荒稼ぎ。ちなみに前年のオールスターでも、並みいるスターを押しのけて、MVPに輝いている。その2年後に...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム548:「これまでの人生で最高のショットだった」。

548-ディミアン・リラードロケッツ戦の第6戦のブザービーターについてこう語った。コービーも絶賛するオフェンス力でスターダムを駆け上がり、土壇場でも躊躇なくシュートを放つなど、勝負強さにも定評があるデイミアン・リラード。追伸、プレーオフシリ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム547:「俺は幼い頃から激しい闘争心を持ってプレーしてきた。俺が理想とするレベルに達するには、常に闘争心を燃やして戦い続けなければいけないんだ」。

547-ラッセル・ウエストブルック味方のミスにボールを2度フロアに叩きつけ、激しいジェスチャーと共に仲間を罵り続け、さらにHCに対しても怒鳴り散らした。その上、なだめていたACを無視し、試合中にロッカーへと引き上げ、その模様が全米で放映され...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム546:「レイカーズは優勝を義務づけられ、優勝以外は失敗とみなされるチームだ。」byコービー・ブライアント

546-LA・レイカーズその後、こう続いた。「にもかかわらずこの結果とは、、、悔しいし、情けない」。その頃のコービー率いるレイカーズのメンバー。27勝55敗、勝率32.9%。レギュラーシーズンの55敗はチーム創設以来最悪だった。「俺はこれま...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム545:マイアミ・ヒートでチャンピオンになり、クリーブランド・キャバリアーズに帰還したレブロン・ジェームス。

545-レブロン・ジェームスその頃の各コメント。「レブロンとは時々電話している。優勝について話し合ってるんだ。とても興奮するよ」カイリー・アービング。「レブロンがキャブスとサインした後、最初に電話をしてきた相手が俺だったって事実がたまらなく...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム544:「誤算続きの大本命」、そう呼ばれていた2014年アメリカ代表。

544-teamUSA2014しかし今振り返ると、この時から現代バスケへの変革が始まっていたように思える。コービーやレブロン、メロにCP3の不在。デュラントとポール・ジョージの離脱。その結果、強力なガード陣に対して、ベテランとフロントコート...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム543:華麗なボールハンドリングでディフェンダーを手玉に取り、得点を量産する、カイリー・アービング。

542-カイリー・アービングフィニッシュ精度の高さも魅力でNBA史上9人目のある50-40-90の仲間入りをした。「誤算続きの大本命」。そう呼ばれていた2014年アメリカ代表。その大会のMVPカイリー・アービング。ボールハンドリング技術はも...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム542:「シュートする時は、その瞬間にそのシュートのことだけについて考える。 大事なのはそれだけだ」byコービー・ブライアント

542-コービー・ブライアント「それは全てジャンプシュートを不思議に思っているから」だと言う。面白いのは数え切れないほどシュートを決めているのに、「不思議な気持ちになる」と認めていることだ。コービーは教会や博物館、プラネタリウムによく行き、...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム541:「MVPが僕であっても不思議はない」という気概。

541-デリック・ローズ-君がMVPに選出される可能性はあると思う?「いやいやそんなこと考えていないよ。チームの勝利に貢献することしか頭にない」。-でもトレーニングキャンプ初日に君自身が言ってたよね。「僕がMVPになれない理由はない」って。...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム540:ウォリアーズ王朝の始まりでもあった39年ぶりの地区優勝を実現した67勝15敗のシーズンでのコメント。

540-ステフィン・カリー記者ー「MVP級の活躍で相手ディフェンスのマークがさらに厳しくなったんじゃない?」ー「フィジカル勝負を挑まれることも、ダブルチームやビッグマンをぶつけられることも、昨シーズンまでと変わりないしね。そうした包囲網をく...
スポンサーリンク