NBAポスターコラム264:マイク・ブーデンホルザーに率いられ、躍進が目立ったアトランタ・ホークスから4人ものプレイヤーをNBAオールスターに選出された2015NBAオールスター。

NBAポスターコラム
オールスター2015

264-オールスター2015

2014-2015シーズンのアトランタ・ホークスは、マイク・ブーデンホルザー・ヘッドコーチの下で、強力なチームワークとバランスのとれたプレーで、フランチャイズ史上最高の成績を残したシーズンとなりました。

  • アトランタ・ホークスは、2014-2015シーズンに東カンファレンスで1位に輝き、フランチャイズ史上最高の60勝22敗の成績を収めました。
  • このシーズンのホークスは、全員がボールを持てる選手で構成された「スプレッドオフェンス」を採用し、ボールムーブメントによる効率的な攻撃を展開。チームとして優れたパス回しでスコアを分散させ、効率的に勝利を手にしました。
  • ディフェンスでも、全員が積極的に動くことで相手のパスラインを塞ぎ、相手の攻撃を封じ込めました。2014年11月から12月にかけての17連勝でチームの勢いを上げ、シーズンを通して安定したプレーを見せました。
  • オールスターゲームには、アル・ホーフォード、ジェフ・ティーグ、カイル・コーバー、ポール・ミルサップなど、複数の選手が選出され、ヘッドコーチには指揮官であるマイク・ブーデンホルザーが務めました。
  • プレーオフでは、ブルックリン・ネッツ、ワシントン・ウィザーズに勝利し、そして東カンファレンス決勝でのクリーブランド・キャバリアーズと相対しましたが4-0のスイープによる敗退を喫した。

しかし、このシーズンは、アトランタ・ホークスにとって、チームとしての勝利に焦点をあてた素晴らしいシーズンでした。

追伸、オールスターに選出された中の一人、シューターのカイル・コーバーはシステムの中で生きるタイプ。

12年11月から14年3月にかけて、127試合連続で3ポイントを決めた。 2年目の04-05シーズンに早くもリーグ最多226本(当時)を記録すると、5年後の09-10シーズンには歴代最高の53.6%という驚異の数字をたたき出した。

追伸、NBAのトレンドが代わり、ビッグマンもスリーを放つ時代に3&Dがでもない彼が、ピュアシューターとしては最後の人物かもしれない。


・手持ちのお金を守りながら着実に増やす投資術がコチラ↓

資産1000万円達成の8つのコツがコチラ↓                                   初心者向け!資産1000万円達成術8ステップ簡単解説

資産1000万円達成シンプル投資術がコチラ↓                                  資産1000万円を達成した私のシンプル投資法

資産1000万円達成のおススメ書籍がコチラ↓                                  資産1000万達成の為に読むべき本

コメント