NBAポスターコラム167:NBAドラフトで当たり年の1つである2003年組の台頭が目立ってきた2000年代中盤のNBA。

NBAポスターコラム

167-プレイオフ・スター

2000年代中盤、リーグでも中堅となったコービーとダンカンとカーター。

そしてチームのエースとなり、リーグの顔として認知されてきたころのウェイド、レブロン、メロ。

ビンス・カーターはネッツに移籍し、ジェイソン・キッドと今日とすることで息を吹き返した。

レギュラーシーズンでもプレーオフでもティム・ダンカンは“いつもの”抜群の安定感を披露していた。

コービーは単独エースになり得点を量産。

第1期キャバリアーズ時代のレブロンのプレーオフと言えば、独力で導いたスパーズとのNBAファイナルが思い出される。

カーメロは新人王こそレブロンの後塵を許したが、ルーキーシーズンからエースとしてチームをプレーオフに導いた。

そしてウェイドは豊作の2003年ドラフト組の中で一番速く王者にたどり着いた。

・NBAポスター絵画展がコチラ↓



・手持ちのお金を守りながら着実に増やす投資術がコチラ↓

資産1000万円達成の8つのコツがコチラ↓
初心者向け!資産1000万円達成術8ステップ簡単解説

資産1000万円達成シンプル投資術がコチラ↓
資産1000万円を達成した私のシンプル投資法

資産1000万円達成のおススメ書籍がコチラ↓
資産1000万達成の為に読むべき本