フィラデルフィアセブンティシクサーズ

NBAポスターコラム

NBAポスターコラム614:勝利を求めて戦い続けた満身創痍の革命児、アレン・アイバーソン。

614--アレン・アイバーソン 彼の残してきたシーズンごとのスタッツが示しているように、1人の選手ができることはすべてやっている。 数字的に見ればMVPを獲得した00-01シーズンよりも優れたシーズンもある。 得点、スティールと攻守で先頭に...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム585:「俺は自分より速い人間を知らない」byアレン・アイバーソン

585-アレン・アイバーソン アレン・アイバーソンのクロスオーバー:ディフェンダーを翻弄する技術 NBA随一のクロスオーバー使い アレン・アイバーソンはNBA史上屈指のクロスオーバー使いとして知られている。そのボールキープ力はズバ抜けている...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム581:確固たるプレースタイルを構築しているアレン・アイバーソンと協調するということの意味。

581-アレン・アイバーソン チームのすべての中心であるアイバーソンと強調できるのか? 答えはNoだ。 ジェリー・スタックハウスも、ラリー・ヒューズも、グレン・ロビンソンも、クリス・ウェバーも、そしてカーメロ・アンソニーでもそれは無理だった...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム579:主義を貫く潔さがフィラデルフィアばかりか、世界中のファンからも讃えられたアレン・アイバーソン。

579-アレン・アイバーソン 彼は意図的にバットボーイのイメージを作り上げていた。 全身をタトゥーで埋め尽くし、ヘアースタイルはコーンロウ、バギーパンツをはき、ジャラジャラとチェーンをぶら下げ、キャップを斜めにかぶる。 世間やリーグで流行り...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム578:2003年の五輪予選、翌年のアテネ五輪にアメリカ代表の一員として出場を果たしたアレン・アイバーソン。

578-アレン・アイバーソン 彼の実力と結果からすればアメリカの代表に選出されるのは確かだ。 多くの点で納得するが、アイバーソンに関してはそれほど単純な話ではない。 アイバーソンの場合どれだけ慈善事業に励もうが、ネガティブな話題ばかりが先行...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム535:「どんな理由であれ、チャンスを逃す気はなかった」byアレン・アイバーソン

535-アレン・アイバーソン 歴代最低身長のドラフト1位指名は11月1日のバックス戦で30得点の鮮烈デビュー。 3月12日のブルズ戦、ジョーダンをクロスオーバーで振り切り、ジャンパーを沈め「信じられないほど速い」と脱帽させたシーンは今でも語...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム531:Allen・Iversonの「プラクティス」を連呼した会見を、当時私は凄いと思った。

531-アレン・アイバーソン 時が経ち、子供を抱きかかえながら、永久欠番のバナーを掲げられるAIの引退セレモニーを思い出す。 チームは12連敗中にも関わらず、この日の試合には満員となる2万人のファンが詰めかけた。 ダボダボのファッションに、...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム525:勝利に欲する欲求を、得点に対する貪欲さで体現し続けたアレン・アイバーソン。

525-アレン・アイバーソン 「子供の頃からシュートを打つのはとにかく好きだった。僕は子供の頃から背が大きくなかったから、ボールを持っている時がチャンスと思って、どんな時でもシュートを狙ったし、ゴールを決めることが楽しくてたまらなかった」。...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム516:個人的には最後までアイバーソンでいてくれたことが良かった。

516-アレン・アイバーソン 「僕は最高の選手になりたい。何年かたって人々がマイケルやマジックの偉大さを話題にする時、僕の名前も言ってほしいんだ。」という雑誌の記事を発見。 本当にそうなってる。 まさに the answer。 追伸、キャリ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム489:「実際にマッチアップして一番やりにくいディフェンダーはいる?」との質問にアレン・アイバーソンの答えは、、、。

489-アレン・アイバーソン 「僕の場合マッチアップする相手でプレイが変わることはない。 多くの場合ボールをパスされてから、ドリブルでドライブインするのが僕のスタイルだ。 マッチアップしているディフィンダーのほとんどはドリブル抜くことができ...
スポンサーリンク