NBAポスターコラム

NBAポスターコラム

NBAポスターコラム248:ウィザーズがジョン・ウォールのチームになり、彼自身も初選出されたオールスター2014。

248-オールスター2014 ーガードコンビを組むブラッドリービールとのプレーはどう?ー 「彼は身体能力が高く、持久力もあるから行動のどこでもプレイできる。それでいてシュートも上手いから攻守で僕の負担を軽減してくれるんだ。近い将来必ずオール...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム247:高い芸術性を感じさせ、得意なダンクは左手トマホークのジョン・ウォール。

247-ジョン・ウォール 他の選手と一線を画すスピードで相手を抜き去り、果敢にダンクに挑戦する。大男相手に向かっていく姿は実に爽快だ。 調べによると垂直跳びは99cm。 シューティングハンド、利き手ともに右手だが、左手から繰り出すトマホーク...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム246:昔のアシスト王と今のアシスト王。

246-ラジョン・ロンド 「攻撃の起点」というよりは「攻撃の始まり」のPGがアシスト王と得点王を占拠している。 ジェームズ・ハーデン、ラッセル・ウェストブルックしかり。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoA...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム245:歴代でもトップクラスのチームメイトをステップアップさせる能力を持つPG、クリス・ポール。

245-クリス・ポール そのクリス・ポールがレイカーズでコービー・ブライアントと共闘していた可能性があった。 ロックアウトにより試合数が削減された異例の2011-12シーズン、前シーズンにマブスに破れ、3連覇を逃したレイカーズはロックアウト...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム244:アイザイア・トーマスとカイリー・アービングのトレードは、、、。

244-アイザイア・トーマス カイリー・アービングとのトレードでキャバリアーズに移籍したアイザイア・トーマス。 残念ながら、チームとしても個人としても、うまくいったとは言いがたい。 カイリーはケミストリー構築に、トーマスは怪我に泣かされた。...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム243:当たり負けしない強靭な身体を生かしたパワードライブ、レブロン・ジェームス。

243-レブロン・ジェームス 屈強な体躯を武器に重戦車のような突進で相手を押しのけ、イージーショットをものにしてしまう様は圧巻だ。 類稀な身体能力と腕の長さを武器にマッチアップ相手に圧力かけてミスを誘発し、ワンマン速攻から豪快なダンク占める...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム242:レブロンの時代が続くかと思われた2010年代中盤、一人のライジングスターが彗星の如く現れた。

242-ステフィン・カリー 過去2年連続で1シリーズの3P成功記録を塗り替え、史上最高のシューターと呼ばれるようになったウォリアーズのステフィン・カリーである。 「フォームが一定である限り、リムが視界に入りさえすればどこから狙っても自信を持...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム241:Fear the beard –髭を恐れろ-ジェームス・ハーデン

241-ジェームス・ハーデン ワンハンド・スラム-ジェームス・ハーデン。 コースト・トゥ・コーストでのドリブルでスピード乗り、豪快に叩き込むトマホーク。 19年に平均36.1点のうち18.1点をアイソレーションで稼いだ。 FGはゴール周辺か...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム240:「周りの人やチームメートから聞こえてくるのは、今季は間違いなくオールスターゲームを見るだろう、という反響だね。このドラフト(による関心の高まり)もあって、毎日チームメートから質問やドラフト順に対して入れ知恵があるし、盛り上がっているから、良い方向に進んでいると思うよ。」byレブロン・ジェームス。

240-レブロン・ジェームス 史上初となるドラフト制によるチーム編成で話題を呼んだNBAオールスター2018で、3回目のMVPを獲得したレブロン・ジェームス。 試合前のコメントでキャプテンとなったレブロンは「勝ちに行く」と本気で臨む姿勢を見...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム239:近年ノーディフェンスで終始緊張感のない試合と言われ、魅力が失われていた祭典に思い切った変化を起こしたNBAオールスター2018。

239-オールスター2018 これまでは伝統的にイースタン、ウエスタンのカンファレンスごとのチーム分けで争われてきたオールスターゲーム本戦。 2017年は192-182でWestが勝利と、あまりにもノーガード過ぎて、試合そのものの魅力が年々...
スポンサーリンク