優勝候補の運命を握る勝利を義務付けられた精密機器、ティム・ダンカン。

優勝候補の運命を握る勝利を義務付けられた精密機器、ティム・ダンカン。

“ビッグ・ファンダメンタル”の異名通り、プレーは基本に忠実。

オフェンスもディフェンスも派手さはないが隙もない。

洗練された無駄のない動きから、オフェンスでは高確率でショットを沈め、非凡なボールハンドリングも兼備。ディフェンスでも的確なポジショニングから、リバウンド、ブロックを量産した。

さらに、味方への指示を出す司令官兼アンカー役を長年勤めてきた。

特に左ポストから仕掛ける1on1はスパーズ王朝における最大の武器の一つで、そこから巧みなポストプレーや、ターンアラウンドジャンパー、左右の手を使い分けたフックショット、柔かなフィンガーロールを駆使して得点を奪い続けた。

勝つために生み出された精密機械のようなプレーで常に勝利者であり続けた。

追伸、「子供の頃に憧れていた選手は?」との質問に 「マジックジョンソン。あの華麗なプレーに憧れていた。」と回答。

これはとても興味深い。

マジックとは真逆と言ってもいいほどの、基本に忠実なプレースタイル。

ただし、優勝5回、MVP獲得など残してきたスタッツには共通点が多い。

追伸の追伸、才能や美貌、知性や財力など、自分が持ち合わせてないものは欲しくてたまらない。

コメント