「体のケアを怠らず、睡眠をしっかり取る。そういった基本的なことが選手のキャリアを伸ばしてくれる」byレイ・アレン

「僕に何ができるか、そういったことを必死になってアピールする必要もないだろう。僕は与えられた仕事を勝利のためにこなすだけさ」 とヒート移籍の際のコメント。

また「ヒート移籍に対して人々が何を言おうと僕が気にしないよ。どう言われようが僕はボストンの街とファンに忠実であり続ける」とも。移籍後の7月15日、アレンはボストンの地元紙に「最愛なるセルティックスファンへ。5年間、ボストンをホームと呼べて誇りに思う。ありがとう」と広告を打ったことが話題に。紳士のアレンらしい粋な計らいだった。

レイ・アレンは、1996年のNBAドラフトで全体5位でミルウォーキー・バックスに指名され、キャリアをスタートさせました。その後、シアトル・スーパーソニックス、ボストン・セルティックスを経て、2012年にマイアミ・ヒートに移籍しました。

マイアミ・ヒートに移籍したレイ・アレンは、チームの勝利に大きく貢献。特に2013年のNBAファイナルでの彼の活躍は、NBA史上でも特筆すべきものでした。第6戦の残り時間が差し迫った時、ヒートはサンアントニオ・スパーズに対し3点差でリードを許していました。そこでレイ・アレンが3ポイントシュートを成功させ、ヒートを延長戦に持ち込みました。そして、延長戦でもヒートは勝利を収め、シリーズをタイに戻し、第7戦に勝利してマイアミ・ヒート2は連覇を達成しました。このショットはNBAファイナルの歴史に残る名シーンとして語り継がれています。

また、レイ・アレンは、キャリア通算で2,973本の3ポイントシュート成功数を記録し、NBAの歴史において、最高の3ポイントシューターの一人として評価されています。

レイ・アレンは、マイアミ・ヒートでの2シーズンのプレーを終えた後、2014年に引退しました。彼は、NBA史上でも最高のシューターの一人として評価されており、彼の功績はNBAの歴史に大きな足跡を残しています。

コメント