NBAを席巻したオフェンスの魔術師、ジェームス・ハーデン。

ジェームス・ハーデンは、2012-13シーズン開幕前にオクラホマシティ・サンダーからヒューストン・ロケッツにトレードされて以降、8シーズンをロケッツのエースとして活躍しました。

ジェームス・ハーデンは、NBAで最もスコアリング能力に優れた選手の一人として知られている。 特に、ハーデンのロケッツ時代においては、そのスコアリング能力が最も際立っていた。ドライブからの得点や、ステップバックのシュート、フローター、そしてフリースローなど、さまざまな得点手段を持っていました。

また、得点力だけでなく、パスセンスにも優れており、ロケッツの攻撃を牽引する中心選手として活躍しました。

「NBA に入ったばかりの頃は、誰も僕になど注目していなかったし、僕もそういうプレイができていたわけではない。

ただはっきり言えるのは、サンダーでの3年間で僕はNBAの中でも誰にも負けないほど成長出来たということ。

今後、僕がデュラントと同じような成績を残していける保証はないけれど、それに近いものを残すことは不可能ではないと思っている。」

これは開幕直前にロケッツに移籍したシーズンでのコメント。

コメント