マイアミヒート

NBAポスターコラム

NBAポスターコラム640:キャリアを通じて安定して高水準なスタッツを残すレブロン・ジェームスだが、、、。

640-レブロン・ジェームス レブロン・ジェームス:ポジションレス・バスケットボールの象徴 多才なスキルセットと圧倒的な優位性 レブロン・ジェームスはNBA史上最も多才なプレーヤーの一人として知られている。その圧倒的な能力と柔軟性は、どのポ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム633:ペース&スペースの走りとなったマイアミ・ヒートにおいて、レブロン・ジェームズの存在は計り知れない。

633-レブロン・ジェームス ペース&スペースは、速いテンポでの攻撃と広いスペースを活用する戦術であり、チーム全体が流動的に動くことでディフェンスを崩すスタイルだ。マイアミ・ヒートは、レブロンの持つ多才な能力を最大限に活かして、この戦術を成...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム627:勝利のためならどんな努力も惜しまないマイアミ・ヒート史上最高の選手、ドゥエイン・ウェイド。

627-ドゥエイン・ウエイド ドウェイン・ウェイドは、マイアミ・ヒートの歴史において最も象徴的な選手の一人であり、その成功は多くのファンにとって忘れられないものだ。ウェイドのプレースタイルとチームへの貢献は、単なる得点力だけでなく、そのフィ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム558:なんと言われようと、優勝した方が「勝者」の称号が得られるのだから、、、。

558-レブロン・ジェームス 「選ばれし者」がついにリーグの頂点にたったヒート時代。 攻守両面で類まれな能力を有する現役最高の選手の道のりは決して平坦ではなかった。 サイズ、パワー、スキル、スピードのすべてをハイレベルで兼ね備え、ガードから...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム553:“選ばれし者”がようやく掴んだ初の戴冠。

553-マイアミ・ヒート2012 124日間に66試合を詰め込んだ2011-12シーズンのレギュラーシーズンを終え、ファイナルに勝ち進んだのが、前年ファイナリストのマイアミ・ヒートと、シアトル・スーパーソニックス時代の96年以来、08-09...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム500:第1、2戦こそレイカーズが連勝を飾るも、第3戦ではファイナル史上3人目となる40得点越えのトリプルダブルを達成したジミー・バトラー。

500-ジミー・バトラー 2020年NBAファイナル、レイカーズ優位と予想された中、イーストを第5シードから勝ち上がったマイアミ・ヒート。 バム・アデバヨやドラン・ドラギッチが欠場と聞いて、正直厳しいと思われた第3戦。 NBAファイナルに勝...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム458:「言葉では言い表せないね。俺がこのチームに来ると決めた時に抱いていたビジョンは、ほとんど現実のものになった」byレブロン・ジェームス

458-優勝マイアミ・ヒート 2連覇を達成した当時のインタビューの記事から。 記者-「NBAの世界に足を踏み入れてから、すでに10年が経った。ここまで長く感じた?それともまだスタートしたばかりって感じかな?」 LB-「あっという間の10年間...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム457:その万能性ゆえにヘッドコーチがつけたワン・スルー・ファイブ(1番から5番まで)というニックネームももつレブロン・ジェームス。

457-レブロン・ジェームス 2012‐13シーズン、「プレミアム4」を結成した西の名門と大きく異なったのは、開幕前の期待通りに勝ち続けた点だ。 とりわけ後半戦の成績は驚異的で2月3日以降は39試合でわずか2敗。 3月は17勝1敗で駆け抜け...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム433:「人生で最良の日だ」。 紆余曲折を経て、頂点を極めたレブロンは試合後、そう語った。

433-レブロン・ジェームス 戦前の予想としては、『サンダー有利』の声が圧倒的に多かったNBAファイナル2012。 理由はサンダーの攻撃力(平均103.1点/リーグ3位)がヒート(平均98.5点/同7位)を凌駕すると見られているからだ。 ま...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム429:史上最強のコンボ・ガードはこの男だと個人的に思っているドゥエイン・ウェイド。

429-ドゥエイン・ウェイド 90年代中盤まで否定的な意味で「どっちつかず」と呼ばれていたコンボ・ガード。 ウェイドも一般的なSGよりは身長がやや低いが、筋力と身体能力で埋め合わせることができた。 そしてボールハンドリングとパス、PGとして...
スポンサーリンク