デンバーナゲッツ

NBAポスターコラム

NBAポスターコラム434:目にも止まらぬスピードに加え、切れ味抜群のクロスオーバーが武器のアレン・アイバーソン。

434-アレン・アイバーソンアレン・アイバーソンは、2006年にデンバー・ナゲッツにトレードで加入。独自のスキルと攻撃的なプレースタイルで知られており、アイバーソンの加入はチームに新たなエネルギーをもたらすことを期待された。アイバーソンはそ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム422:歴代屈指のオフェンスのバリエーションでチームUSAに貢献してきたカーメロ・アンソニー。

422-カーメロ・アンソニーオリンピックや世界選手権などの国際ルールやゾーンディフェンスに苦しむNBA選手は多いがカーメロは苦にしない。アイソレーションによる1on1が得意なカーメロは過密スケジュールの連携不足に苦しむ代表選手の中でとても頼...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム406:ナゲッツ時代も変わらず稲妻のようなクロスオーバーを繰り出すアレン・アイバーソン。

406-アレン・アイバーソンクイックネスが素晴らしく、切り返しの動きについていける選手はほとんどいなかった。アイバーソンのドリブルスキルとスピードを駆使し、そのままドライブするだけでなく、後方へ下がってジャンパーを狙うパターンもあった。アイ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム405:アレン・アイバーソンのスキル、スタイル、情熱は、多くのバスケットボールファンに影響を与え、一世代を代表するスター選手としての地位を確立した。

405-アレン・アイバーソンアレン・アイバーソンは、NBAの歴史において最もエキサイティングで影響力のあるプレーヤーの1人であることは疑いようにない事実だ。アイバーソンのスタイル、スキル、個性的なプレースタイルで多くのファンを魅了した。その...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム403:選手が優勝にこだわる訳。

403-カーメロ・アンソニー2020年のプレーオフで話題を振り撒いてくれたナゲッツ。(2度の1勝3敗からの逆転劇)しかし数年後この事を覚えているだろうか?これまでの歴史でもアップセットなどは起こってきた。それでも覚えているのは優勝したチーム...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム401:「私は完璧じゃない。だが私はもっとうまくなるために毎日集中して挑戦しているよ。」 byアレン・アイバーソン

401-アレン・アイバーソン完璧ではないかもしれないが、プレーの確立はしていた。抜群のクイックネスを活かした1on1を軸に、自ら得点を奪うか、アシストをするか。メロとの共存がうまくいかなかったのは、メロも得点の取り方を確立していたからだ。ス...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム393:アレン・アイバーソンのサイズを考えれば特筆すべき事実。

393-アレン・アイバーソン2008年にESPNが選出した偉大なシューティングガードランキングで5位にランクイン。1.マイケル・ジョーダン2.コービー・ブライアント3.ジェリー・ウェスト4.ジョージ・ガービン5.アレン・アイバーソン残した実...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム391:サイズのハンディをものともせず、相手がどんな守備も敷いても”答え”を導き出したアレン・アイバーソン。

392-アレン・アイバーソンNBA史上最低身長の得点王はビッグマンを恐れず、積極果敢にペイントエリアに飛び込み、ブロックを嘲笑うような、鮮やかなフローターやレイアップでフィニッシュした。目にも止まらぬ速さで繰り出すクロスオーバーは、史上最高...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム163:NBA入り後、間もなくその時代を代表するプレーヤーであることを証明してみせたカーメロ・アンソニー。

163-カーメロ・アンソニー1on1の引き出しの多さは歴代屈指。ジャブステップからのジャンパー、そして抜きにいくときのファーストステップ、多彩な得点方法、クラッチタイムの強さがある。同期のレブロン・ジェームズに新人王を奪われたものの、ルーキ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム145:ナゲッツに所属していた若手の頃から、多彩な攻撃のバリエーションでスコアラーとして活躍したカーメロ・アンソニー。

145-カーメロ・アンソニールーキーイヤーにはナゲッツを前年より26勝多い43勝39敗でプレーオフに進出に貢献。カーメロは自分よりも小さいディフェンダーをスムーズなジャンパーで困らせ、大きいディフェンダーにはクイックネスを生かしたドライブで...
スポンサーリンク