ゴールデンステイトウォリアーズ

NBAポスターコラム

NBAポスターコラム663:2022年NBAオールスターゲーム、ステフィン・カリーの50得点とレブロン・ジェームスが起こした熱狂、、、。

663-ステフィン・カリー 2022年NBAオールスターゲーム オールスターゲームの概要 2022年のNBAオールスターゲームは、クリーブランド・キャバリアーズのホームアリーナであるロケット・モーゲージ・フィールドハウスで開催された。これが...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム654:歴史に名を刻むティム・ハーダウェイのキラー・クロスオーバー、その秘密とは、、、。

654-ティム・ハーダウェイ ティム・ハーダウェイのシグネチャームーブとウォリアーズ時代 歴代最高のドリブラーとしての名声 ティム・ハーダウェイはNBA史上、最も優れたドリブラーの一人として知られている。その名を一躍有名にしたのが、彼のシグ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム651:史上最高のシューター誕生、ステフィン・カリーの偉業とNBAの進化、その真相に迫る、、、。

651-ステフィン・カリー ステフィン・カリー、新記録達成とNBAへの影響 新記録樹立 2021年12月14日、ステフィン・カリーはNBAの歴史を塗り替えた。ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたゴールデンステイト・ウォリア...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム650:史上最高のシューター、ステフィン・カリーの革命を起こしたシュート力、その真価とは、、、

650-ステフィン・カリー ステフィン・カリー:シュート力の革命家 圧倒的なシュート力 ステフィン・カリーの最大の武器は、その圧倒的なシュート力だ。好調時のカリーは、まるで一人でゲームを支配するかのようなパフォーマンスを見せる。そのスリーポ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム634:歴代屈指のシューターは実戦さながらの反復練習で創り出された。

634-ステフィン・カリー ステフィン・カリー(Stephen Curry)は、現代NBAにおける最も影響力のあるプレイヤーの一人であり、その革新的な3ポイントシュートはカリーのキャリアの中心にある。 カリーの3ポイントシュートへのこだわり...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム622:2014-15シーズン、偉大なるブレイクスルーを遂げ、自身初のMVPに輝いたステフィン・カリー。

622-ステフィン・カリー 2014-15シーズンは、ステフィン・カリーが自身初のMVPを獲得した記念すべき年です。このシーズンにおけるカリーのパフォーマンスと功績について詳しく解説します。 シーズン全体のハイライト カリーはゴールデンステ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム560:誰が相手でも、どこからでも自分のシュートをクリエイトできる「デッドリーシューター(相手を死に至らすシューター)」。

560-ステフィン・カリー かつて3Pラインの距離を変更したこともあったが、ペイント内に人が集まりすぎていることを懸念して従来の距離に戻したという経緯がある。 だが今ならば問題はなかっただろう。 現在の選手たちはCでさえもシュートレンジを広...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム540:ウォリアーズ王朝の始まりでもあった39年ぶりの地区優勝を実現した67勝15敗のシーズンでのコメント。

540-ステフィン・カリー 記者ー「MVP級の活躍で相手ディフェンスのマークがさらに厳しくなったんじゃない?」ー 「フィジカル勝負を挑まれることも、ダブルチームやビッグマンをぶつけられることも、昨シーズンまでと変わりないしね。そうした包囲網...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム508:You have to have that confidence on makes and misses.

508‐ステフィン・カリー 「失敗を恐れないこと。僕は放った全てのショットが決まると思ってプレイしている。たとえ試合で8本連続失敗でスタートしたとしても、自信を失ってはいけない。これまで積んできた練習は必ず実るし、次のショットは決まるはずだ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム477:「キラー・クロスオーバー」の“真のパイオニア”、ティム・ハーダウェイ。

477-ティム・ハーダウェイ 1990年代のウォリアーズ超攻撃型チームを扇動したのはこの男。 必殺の「キラー・クロスオーバー」で相手守備陣を切り裂いたほか、ファーストブレイクには抜群のスピードとパスセンスで得点チャンスを演出した。 左から右...
スポンサーリンク