カーメロアンソニー

NBAポスターコラム

NBAポスターコラム481:「俺の時が到来しつつある、そうひしひしと感じているよ」byカーメロ・アンソニー

481-カーメロ・アンソニー得点王を獲得した好調ニックス時代のコメント。「俺は生粋のスコアラーだ。得点を重ねることこそが俺の最も重要な仕事であり、誰もそれを奪うことはできない。」そして天下一品の勝負強さ備えたクラッチプレーヤーだということ忘...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム422:歴代屈指のオフェンスのバリエーションでチームUSAに貢献してきたカーメロ・アンソニー。

422-カーメロ・アンソニーオリンピックや世界選手権などの国際ルールやゾーンディフェンスに苦しむNBA選手は多いがカーメロは苦にしない。アイソレーションによる1on1が得意なカーメロは過密スケジュールの連携不足に苦しむ代表選手の中でとても頼...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム403:選手が優勝にこだわる訳。

403-カーメロ・アンソニー2020年のプレーオフで話題を振り撒いてくれたナゲッツ。(2度の1勝3敗からの逆転劇)しかし数年後この事を覚えているだろうか?これまでの歴史でもアップセットなどは起こってきた。それでも覚えているのは優勝したチーム...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム386:「俺にはこれがあるんだ。」 ニックスに移籍後のグリズリーズ戦、残り0.5秒で放ったシュートを決め、相手プレーヤーたちに向かって言った。

386-NBAオールスター2011ウエストクラッチショットの名手でもあるカーメロ・アンソニーをここではフォーカス。westでオールスターに選出されながらも"メロ・ドラマ"と言われていたカーメロの移籍劇が行われいたAS2011。このシーズン中...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム372:アメリカ代表でも長期間選出された理由に、チームオフェンスが機能しないときの為に、その1on1能力は加味されていただろうカーメロ・アンソニー。

372-カーメロ・アンソニーメディアの評価と選手からの評価に乖離がある選手。コービーもメロの能力を高く評価していた一人。「一番マッチアップが難しい選手は?」との問いに対してファイナルMVPを獲得した頃のアンドレ・イグダーラのコメント。「ニッ...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム206:「俺は最も過小評価されているスター選手。」 ニックス時代のカーメロ・アンソニーのコメント。 

206-カーメロ・アンソニーCARMERO'S A BEAR.(カーメロは熊だ)byマンバメンタリティ「私はカーメロ・アンソニーとをやり合うのが好きだった。古き良き時代のスタイルを持っているからだ。」とkobe bryant。試合での1on...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム175:リーグの「主役」を奪い取ろうとする、この頃のヤングプレイヤーたち。

175-ライジングスターズいつの時代もベテランと若手の戦いは激しいものがある。若手から中堅に差し掛かかり、リーグを牛耳るという勢いを感じられる03年組。その象徴であるレブロン・ジェームス、カーメロ・アンソニー、ドゥエイン・ウェイド。その前年...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム172:TeamUSA-2003年組ドラフト1位、3位、5位。

172-アメリカ代表レブロン&メロ&ウェイド1位レブロン、3位メロ、5位ウェイド。2位指名権を持っていたのがデトロイトピストンズ。つまりメロを指名するチャンスがあったということ。後に2004年のNBAチャンピオンになったチームに、メロが含ま...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム167:NBAドラフトで当たり年の1つである2003年組の台頭が目立ってきた2000年代中盤のNBA。

167-プレイオフ・スター2000年代中盤、リーグでも中堅となったコービーとダンカンとカーター。そしてチームのエースとなり、リーグの顔として認知されてきたころのウェイド、レブロン、メロ。ビンス・カーターはネッツに移籍し、ジェイソン・キッドと...
NBAポスターコラム

NBAポスターコラム163:NBA入り後、間もなくその時代を代表するプレーヤーであることを証明してみせたカーメロ・アンソニー。

163-カーメロ・アンソニー1on1の引き出しの多さは歴代屈指。ジャブステップからのジャンパー、そして抜きにいくときのファーストステップ、多彩な得点方法、クラッチタイムの強さがある。同期のレブロン・ジェームズに新人王を奪われたものの、ルーキ...
スポンサーリンク